スポンサーリンク

日本史 経済用語

財閥解体ってどんな出来事?財閥のはじまりから財閥解体の流れについてわかりやすく解説!

1945年、太平洋戦争敗戦後、日本では連合国軍総司令部(GHQ)中心にさまざまな改革がなされました。

その中のひとつに「財閥解体」があります。

しかし「財閥解体」と聞いても、日本史の授業で習ったけど、「へぇ~、そうなんだ」で忘れ去られていったという方も多いのではないでしょうか?

しかし、一言で「財閥解体」と言っても奥が深く、戦前から現代に至るまでの流れの中で、日本の政治や経済と密接に関わっているのです。

そこで、財閥というものの特徴や、財閥解体の流れ、現在の姿などを解説していきたいと思います。

財閥とは?財閥の経営のしくみ

財閥とは、同族支配による大企業のことで、傘下にさまざまな業種の企業を持ち、市場を独占していました。その代表格が、4大財閥とも呼ばれる、三井・三菱・住友・安田の財閥です。

つまり、三井家・岩崎家といった血縁関係などにある同族の人たちが、大元の会社を中心に、様々な子会社を従え巨大な企業集団を作り、市場を独占していたので、新参者や小規模な企業が入る余地がなかったのです。

では、財閥はどのような経営の仕方をしていたのでしょうか。

財閥の大元の会社は、「持株会社」と言って、子会社の株式を所有していました。三井財閥で言うと「三井本社」、三菱で言うと「三菱本社」といった会社が持株会社です。

子会社は持株会社や財閥グループ内の銀行から融資を受け、事業を行います。

そしてもちろん、ある一族の家族つまり財閥家族やその関係者が、本社をはじめ子会社でも役員を務めることで、独占的な経営をしていたということです。

このようにして、どんどん市場でも富を得ることに加えて、国の産業を発展させたり、政党や政策に出資したりと、幕府や政府との結びつきも強かったのです。

では、財閥解体においてメインとなる4大財閥について簡単に見ていきましょう。

三井財閥

三井財閥は、江戸時代に三井高利が江戸に出て越後屋三井呉服店を創ったのがはじまりとされています。両替商としても成功し、幕府の御用商人にもなりました。

明治時代に入ると、日本初の私立銀行である三井銀行を設立したり、井上馨から譲り受けた会社を三井物産会社として経営したりしました。また政府が官営工場を安く払い下げたため、紡績業がさかんになり、日本の産業革命を担う存在にまでなります。

そして1909年、持株会社・三井合名会社を頂点とするコンツェルン体制になります。

軍事費が膨張していくにつれて、重化学工業も発展していきました。

三菱財閥

明治時代に土佐藩出身の岩崎弥太郎が三菱商会を創立したのがはじまりです。西南戦争の際に軍事輸送を引き受け、政府の政商としての地位を確立しました。海運業を利用して、顧客が荷物を担保に融資を受けられる荷為替金融をはじめ、「三菱為替店」(現・三菱UFJ銀行)として金融業もスタートします。

その後も1893年 三菱合資会社を持株会社として会社形式に整えます。

4代目である小弥太が三菱合資会社の各部門を分離して事業会社に分け「三菱造船」「三菱商事」などができ、1919年には「三菱銀行」が成立しました。

住友財閥

江戸時代から、銅吹きにより富を築き、銅の精錬と銅の貿易商、そして銅山の経営を進め、4代目の時に、愛媛県の別子銅山を開坑し、1895年に「住友銀行」を設立。金属工業・機械工業・化学工業・鉱業などの重化学工業を中心に発展していきました。

安田財閥

富山の下級藩士の家に生まれた安田善次郎が江戸に出て、両替商の「安田屋」を開業したのがはじまりで、「安田商店」と改名し、幕府の御用両替を軸に富を得、明治期になると、太政官札の両替によりさらに富を得て、金融業での地位を確立しました。

1876年には「第三国立銀行」を設置し、1880年には安田商店を「安田銀行」(みずほ銀行の前身)として業務を拡大しました。さらに「共済五百名社」(明治安田生命の前身)という生命保険会社を設立したり、損害保険会社の筆頭株主として出資したりもしていました。

こちらもCHECK

日本の財閥ってどうやってできたの?四大財閥の成り立ちと現在についてわかりやすく解説!

「財閥」という言葉については「なんか巨大な企業のことでしょ」という認識しかない方がほとんどだと思います。歴史の授業の中では「財閥解体」というキーワードは出てきたと思いますが、逆に言えばそのあたりでしか ...

続きを見る

GHQ占領下での財閥解体の流れ

莫大な富を持ち、日本経済を動かしてきた財閥でしたが、終戦後GHQ占領下での改革のひとつである「財閥解体」によって、影響をうけることになります。

財閥解体の目的は大きく分けて二つあったと考えられます。

GHQは、戦時中に財閥と軍部がお金や物資の面で協力関係にあり、それが軍国主義の温床になっていたのではないか?と考えました。財閥を解体しないと、また戦争に向かうかもしれない・・それを防ぐためです。

もうひとつは、財閥をなくして独占的だった市場を開放することで、経済の自由化を進めるためです。

では、どのようにして財閥は解体されたのでしょうか?GHQからの働きかけがあり、GHQと政府そして4財閥との協議の結果、以下のようなことが行われました。

内容としては、

ポイント

持株会社整理委員会を発足し、子会社の株式や証券を引き渡すように命じ、それらの株式を一般に売り渡す

三井・岩崎(三菱)・住友・安田4家の財閥の一族は系列の企業から退職し、子会社などに口出しは禁止

財閥解体に伴う代償は登録国債で国が支払う

といった内容です。

つまり三井本社・三菱本社・住友本社・安田保善社などの大元の持株会社を解体して、コンツェルン体制という市場を独占するシステムを崩壊させたのです。

系列の企業から、財閥の関係者を一掃することで、こちらも同族による独占を防ぎ、結びつきを弱めようとしたのでしょう。

ただ、財閥解体はこの一回で終わったわけではありませんでした。

その後も何度か行われ、1947年には、三井物産と三菱商事の解体や過去10年間に部長以上であった者同士や100名をこえる従業員団体が新会社を作ることを禁止すること、さらには三井・三菱・住友の商号の使用禁止などが言い渡されるなど、厳しいものもありました。

さらに財閥家族の資産の凍結も行われ、その対象は10財閥(4大財閥+浅野・古河・大倉・野村・日産・中島)56家に上ったといいます。

財閥解体の時に出された法令としては、過度経済力集中排除法と独占禁止法のふたつがあります。

簡単に言うと、過度経済力集中排除法によって、大きな経済力を持った財閥を潰し、企業を分割し、独占禁止法により再び力を持つのを防ぐというやり方です。

過度経済力集中排除法によって分割された会社は多くありますが、例えば、「日本発送電」が「東京電力」や「東北電力」などの各電力会社9社に分割され、「日本製紙」が「八幡製紙」や「富士製紙」などに、「三菱重工業」が「東日本重工業」「中日本重工業」などに分割されました。

分割に関して、当初は325社が対象でしたが、実際には12社に留まったといいます。

財閥解体により、一気に経済が民主化し競争がうまれ、ソニーやホンダなどの財閥に関係しない新しい会社が生まれたというメリットがありました。

一方、財を取り上げられた財閥家族の生活は悲惨だったようで、生活費ですら予算を立てて承認が必要であったり、一時家業と資産のほとんどを失うことになったそうです。

財閥解体後

以上のようにすべてを奪われたかに見えた財閥でしたが・・おかしいですよね?今でも三井・三菱・住友などの名前のついた会社はあるし・・一体どうなったの?と疑問が浮かびます。

実は、財閥解体は不徹底に終わっているのです。それはなぜかというと、冷戦によってアメリカが占領政策を転換したからです。

当時、中国などから共産主義の波が来ることを怖れたアメリカは、日本の再軍備を進めるべく、日本経済の工業生産力をアップさせよう、そのためには財閥に力を・・というわけです。もともと基盤があった方が再興しやすいですからね。

そして1951(昭和26年)財閥解体に関する諸法令が廃止になり、財閥家族に対する制限も撤廃されました。

それだけでなく、財閥解体の際に解体されたのは持株会社でしたので、持株会社以外の会社は実際には互いの株式を持ち合うグループ企業として結びつき生き残っていました。

1952年からは、クループ企業同士が再結集したり、株を持ち合う動きが増え、三井・三菱・住友の一時、剥奪されかけた屋号も戻ってきました。

さらに、1997年には持株会社も解禁されています。

「ファイナンシャルグループ」とか「ホールディングス」というもので、「三井住友フィナンシャルグループ」「セブン&アイ・ホールディングス」どといったグループがたくさん存在しますよね。

ただ、現代の持株会社は、血縁関係重視だった解体前のものとは性格が異なるので、復活したというわけではないのです。

以上のような流れで、現在でも、旧財閥傘下に多くのグループ企業がいます。

ポイント

・三井グループ王子製紙、サッポロビール、カネカ、トヨタ自動車、TBSテレビ、東芝、三井住友ホールディングス、三井ホーム、三越伊勢丹ホールディングスなどなど。

・三菱グループ三菱UFJ銀行、キリンホールディングス、日本郵船、ニコン、ローソン、明治安田生命保険、大日本塗料などなど。

・住友グループ住友林業、住友建設、日本板硝子、住友不動産、三井住友銀行、三井住友海上火災保険、SMBC日興証券などなど。

・旧安田財閥は、「芙蓉グループ」に入っています。

ここに挙げたのはほんの一例ですが、聞いたことのある名前ばかりですね。

財閥解体のまとめ

以上、財閥の特徴や財閥解体の流れ、そして現在の状態までを見てきました。

財閥は、財閥解体によって資産を失ったり、会社を分けられたりと影響を受けたものの、グループ化するなどかたちを変えたり、世界情勢の変化などによってかなりの変化を遂げていきました。そして旧財閥は今も日本の経済を支えているのです。

スポンサーリンク

こちらもおすすめ!

1

ニュースや新聞で世界情勢の話題になったとき、「国際連合」というワードを聞いたことはありませんか?最近でいうと昨年、環境活動家のグレタ・トゥーンベリさんが各国首脳の前でスピーチして話題になりました。中学 ...

2

1914年から1918年にかけてヨーロッパでは第一次世界大戦が繰り広げられていました。 そしてこの戦争はヨーロッパの体制を根本から崩すこととなり、現在にもつながる影響も残すことになったのです。  今回 ...

3

世界の政治体制は、それぞれの国によって違っています。同じ民主主義国家でも、国によって大統領制をとっている国、議員内閣制の国と、政治体制の採用が違っているのです。 日本は、御存じの通り、議院内閣制を採用 ...

-日本史, 経済用語
-,

© 2021 レキシデセカイ Powered by AFFINGER5