スポンサーリンク

日本史

大正デモクラシーは社会をどう変えたのか?始まりから終わりまでわかりやすく解説!

大正時代の1910~20年代にかけて起こった民主主義を「大正デモクラシー」と呼びます。政治・社会・文化など様々な分野に影響を及ぼしました。いったいこの運動はなぜ起こり、日本社会に何をもたらしたのでしょうか。今回は大正デモクラシーについて解説していきます!

大正デモクラシーの背景

日比谷焼き打ち事件

1904年に起こった日露戦争は日本の勝利で終わりましたが、ポーツマス条約ではロシアから賠償金を得ることができませんでした。その結果日本国民は重税に苦しむことになり、不満が高まっていきました。さらには、もともと、産業革命による工業化で、労働環境などが問題になっていました。そんな中で起こったのが日比谷焼き打ち事件(1905年)です。その名の通り、人々は日比谷に集まり、内務大臣の官邸や、新聞社を焼き討ちしました。このような民主主義運動がこの後増加していき、大正デモクラシーと呼ばれる時代がやってくるのです。

第一次護憲運動

諸説ありますが、大正デモクラシーの始まりとされるのが、第一次護憲運動(1912年~1913年)です。薩摩藩・長州藩出身者中心の「藩閥政治」に不満を持った人々や、先に述べた重税に苦しむ人々が打倒・桂内閣を掲げ起こした運動です。長州藩出身で、大正天皇の権威を利用する桂を引きずり降ろそうというこの運動は、立憲政友会の尾崎行雄、立憲国民党の犬養毅が中心になりました。スローガンは「憲政擁護・閥族打破」。民衆は数回にわたり国会を包囲、桂の辞職を求めました。ついに民衆が内閣を倒したのです。

学者が支えたデモクラシー

美濃部達吉が「天皇機関説」を発表し憲法論の観点から政党政治を後押し。そして吉野作造が「民本主義」を発表(1914年)、大正デモクラシーに大きな影響を及ぼします。なぜ「民主主義」ではなく「民本主義」なのかというと、当時日本のトップは天皇であったため、それを批判するような言葉は避けたためだそう。天皇に主権があることと、民衆に権利をもたらすこと、どちらも両立させることができたのが「民本主義」だったのです。

第一次世界大戦と米騒動

その後1914年に第一次世界大戦が始まりました。日本は「大戦景気」と呼ばれる好景気に突入、大きく発展していきます。しかしながら庶民の生活はよくなりませんでした。急激なインフレにも関わらず賃金は上がらない、不満は募っていきます。その状況で起きたのが「米騒動(1918年)」。工業の発展と都市部の人口増加によって、米が不足したのです。騒動は全国に広まり、当時の寺内内閣は総辞職。立憲政友会総裁の原敬による内閣が誕生しました。これは日本で初めての本格的な政党内閣であり、米騒動によって民衆の意見が反映されたのです。

アメリカの影響

徐々に国が国民の意見を無視できなくなってきたころ、第一次世界大戦が終戦します。第一次世界大戦によって力を増したアメリカは、他国に民主主義を広めようとしていきます。これにより大正デモクラシーにも変化が現れます。政治だけでなく、文化や社会にも進出し始めたのです。例えば「日本労働総同盟」が誕生、労働者が意見を主張できるようになります。また、被差別部落や女性のように差別されていた人々が平等を求め「全国水平社」や「新婦人協会」が設立され、女性の社会進出が進んでいきます。この第一次世界大戦後を「改造の時代」と呼びます。

第二次護憲運動と普通選挙

ここまで政治だけでなく社会全体に変化をもたらした大正デモクラシーですが、ようやく終焉を迎えます。貴族院の議員からなる清浦奎吾内閣の辞職を求める第二次護憲運動により、普通選挙法(1925年)が成立したのです。これにより25歳以上の男性が選挙権を持つようになり、民主主義の基本がつくられました。しかし社会運動が過激化することを恐れ、普通選挙法と同時に治安維持法も制定。社会運動などは厳しい取り締まりの対象になりました。

その後

普通選挙法の制定など、多くの成果をもたらした大正デモクラシー。ですが周知のとおり、日本はこの後帝国主義となり、第二次世界大戦を迎えます。せっかく大正デモクラシーによって民主主義へと向かっていったのに何故…。そう思う方も多いのではないでしょうか。しかし、帝国主義をつくり出したのが、まさにこの民主化の流れでした。
昭和期になると、二大政党であった民政党と政友会は選挙に勝つために互いに激しい批判を繰り返しました。それも影響して政治は停滞。国民は政党政治に不信感を抱くようになります。そして昭和恐慌が起こり、日本の景気が悪くなった状況で国民は政党ではなく軍部を支持するようになりました。ここで、大正デモクラシーで国に意見を主張することを覚えた国民は、一気に軍国主義へと進めたのでした。民主主義を無視して軍部が世界大戦へと強硬に導いたのだと見られがちですが、実はその流れをつくったのは国民だったのです。

大正デモクラシーがもたらしたものとは

大正デモクラシーは多くの良い影響を日本社会にもたらしました。まず一番に挙げられるのがやはり民主主義(憲政の常道)です。普通選挙法では25歳以上の男性のみでしたが、のちに徐々に選挙権の対象を拡大、現在に至ります。これぞ大正デモクラシーの目標。その意味ではこの運動は成功だったといえるでしょう。多くの社会組織がつくられたのも成果の一つです。戦争の影響もありますが、このころ女性の社会進出が進んだのもデモクラシーが関係しています。
しかしながら大正時代の次の時代では、日本は本来望んだはずの民主主義や政党政治の方向とは逸れてしまいます。この点においては、大正デモクラシーは失敗に終わったと言うこともできます。過激化した民衆の行動は危険を招く、これは現代にも通じる課題です。

このように大正デモクラシーは現在にも続く民主主義の出発点となった重要な運動でした。結果第二次世界大戦を招くことになりましたが、この流れから学んだ「過激化した世論は危険である」ということはこれからも決して忘れてはなりません。

民主主義の形は今後も変化すると考えらえますが、ときに立ち止まって民主主義の始まりを振り返ってみることも必要かもしれませんね。

スポンサーリンク

こちらもおすすめ!

1

ニュースや新聞で世界情勢の話題になったとき、「国際連合」というワードを聞いたことはありませんか?最近でいうと昨年、環境活動家のグレタ・トゥーンベリさんが各国首脳の前でスピーチして話題になりました。中学 ...

2

1914年から1918年にかけてヨーロッパでは第一次世界大戦が繰り広げられていました。 そしてこの戦争はヨーロッパの体制を根本から崩すこととなり、現在にもつながる影響も残すことになったのです。  今回 ...

3

世界の政治体制は、それぞれの国によって違っています。同じ民主主義国家でも、国によって大統領制をとっている国、議員内閣制の国と、政治体制の採用が違っているのです。 日本は、御存じの通り、議院内閣制を採用 ...

-日本史
-,

© 2021 レキシデセカイ Powered by AFFINGER5