スポンサーリンク

豆知識

松方財政ってどんな改革?概要から日本経済への影響について解説!

明治政府の課題。それは慢性的な財政難にありました。基本的に開国後の日本はお金が足りなくて困っていたのです。そしてこのような財政難を何とかして立て直そうとしたのが第四代内閣総理大臣としても名高い松方正義だったのです。
今回はそんな松方正義による松方財政についてわかりやすく解説していきます。

松方財政の簡単な概要

松方正義大蔵卿の肖像画

松方財政とは明治時代中頃に松方正義大蔵卿(現在の財務大臣に相当)が行った財政政策のことです。
1887年の西南戦争に勝利した明治政府でしたが、この動乱による支出が重くのしかかり、激しいインフレーション(インフレ)に悩まされていました。
その原因のひとつには、政府の財政再建ために乱発された不換紙幣があげられます。
当時の大蔵卿大隈重信は、増税や外債の応募で貨幣整理を図ろうとしますが、松方正義らが、この案に反対し否決されます。
その後、明治十四年の政変によって失脚した大隈重信に変わって大蔵卿に就任したのが、後に松坂財政を実行した松方正義でした。
松方正義がおこなったのは極端な緊縮(デフレ)政策で、増税のよる歳入の増加と、長期間の公共事業の停止により財政支出を減らしていくことでした。
この財政政策によって、日本はインフレから抜け出すことができましたが、同時に貧困に苦しむ農民を増やすことになりました。

金本位制による兌換紙幣と不換貨幣とは

金本位制による紙幣には兌換紙幣と不換紙幣があり、大隈重信が発行した不換紙幣とは金や銀と交換できる保証のない紙幣でした。
つまり、国家の信用だけで発行される紙幣のことで、当時の主流だった金本位制や銀本位制とは違うものだったのです。
当時の日本は、世界の列強国に比べ経済的に信頼が薄かったため金本位制のもとでは価値のある紙幣とはいえませんでした。
一方、金や銀と同じ価値で交換できる紙幣のことを兌換紙幣といいますが、金や銀といつでも交換できる通貨であることを保証する紙幣として信頼の厚いものでした。
この兌換紙幣の仕組みを、金本位制、または銀本位制と呼び、松方正義の財政政策では金銀複本位制が導入されました。
この銀本位制のメリットは、紙幣の価値が銀によって保証されるため国内の金融市場が安定することです。
対してデメリットとして、国家が保有する銀の保有量以上の紙幣を発行できないため、戦争や不景気の時に、自由に紙幣の量を増やすことができないという点にあります。
金本位制を初めて取り入れたのはイギリスといわれ、イギリス通貨のソブリン金貨一枚が1ポンドであることを定めました。
こうしてポンドは世界一安定した通貨として信頼を集め、貿易の際の決済手段として広く使われたことで、当時の基準通過の役割を担いました。
こうして世界各国もイギリスに倣って金本位制や銀本位制を採用するようになり、19世紀の後半に金本位制、銀本位制が確立されました。

大隈の貨幣整理と松方大蔵卿の誕生

大隈重信は乱発した不換紙幣を整理(貨幣整理)するため、酒税やタバコ税、菓子税などの大増税をおこなうと共に、損失の大きい官営事業を売却しました。

さらに外債5,000万円を募集し、これで不換紙幣を全額売却して兌換紙幣を発行しようと考えましたが、これに松方正義らが反対し、外債の募集案は否決されます。
そして明治十四年の政変で大隈重信が失脚すると、松方正義が大蔵卿に任命され大隈重信の不換紙幣の乱発と増税によって痛んでいた国家財政の再建にあたりました。
松方はそのために日本も世界の先進国にならって、銀本位制を採用するべきだと考えたのです。
銀本位制を採用すれば、国の銀保有量に応じて貨幣量が制限されるため、インフレの抑える効果があり、銀の兌換紙幣になれば円の国際的信用も上げられ、貿易も活発になるはずです。
ただ、この政策の難点は金や銀を確保することが難しいといった事情があり、第一次世界大戦の時には銀本位制は一旦中止されています。

松方財政によるデフレ政策とは

松方大蔵卿は大隈重信が起こしたインフレを抑えるため、物価の上昇を抑えデフレ政策を実行しました。
インフレとは貨幣の価値が下がることをいい、逆に物の価値が上がるため、紙幣によって納入される定額の地租の価値が下がることで、政府の歳入も減ってしまうのです。
つまり、地租は価格の変動が少ないため、それに掛かる税金(紙幣)の価値が下がると、歳入は減ってしまうというわけです。
そこで松方大蔵卿は軍事費以外の支出を削減し、地租や酒造税、タバコ税などを増税することで、政府歳入を増やそうとしました。
当時の松方大蔵卿のおこなった主な財政政策は、銀本位制の確立、中央銀行の設立、軍拡への歳出対応、鉄道建設の設立でした。

松方大蔵卿がおこなった財政政策

1889年発行開始した日本銀行兌換銀券一円券

1884年におこなった貨幣整理が功を奏したことで貨幣整理が終了し、銀本位制が確立されました。
銀本位制によって銀と同価値になった兌換紙幣は貿易を活発にし、殖産興業により国内は更なる近代化を進めることに成功したのです。
さらに松方大蔵卿は、兌換紙幣を発行する中央銀行を設立するために、日本銀行条例を制定し日本銀行を設立しました。
日本銀行は国唯一の紙幣の発行銀行で、政府の銀行、日本の銀行であるとされ、1897年には、銀本位制による日本銀行兌換紙幣が発行されました。
さらに、松方大蔵卿は兌換紙幣発行とは別に、金や銀の量を増やし財政危機への備も怠りませんでした。
松方が大蔵卿を務めていた1882年(明治15年)には壬午事変などにより対外危機が迫っていたため、山県有朋らの政府首脳陣は軍拡を主張していました。
そこで松方大蔵卿は、財源確保のために低利な海軍公債を発行して対処しました。
海軍公債は銀本位制の確立などによって貨幣整理が終了したこともあり、額面を上回る取引がおこなわれました。
1882年に松方大蔵卿は今後三年間は一切の公共事業を中止し、明治14年度の予算額を標準として固定する政策案を政府に提出し財政支出を抑える経済方針を打ち出しました。

そんな松方大蔵卿でしたが、しばらく続いていたデフレを解消する目的で、鉄道建設によって景気を刺激する政策もおこないますが、政府の内には政策に一貫性がないと批判する者もいました。

 デフレ政策の弊害に苦しんだ農民

松方大蔵卿の緊縮財政でインフレは収束しましたが、今度は急激なデフレが起こりました。いわゆる「松方デフレ」です。
米をはじめとする農作物の価格は下落し、多くの農民が農地を手放し小作農になり、農民層の分解が進みました。松方デフレの影響で、1883年には全国の小作農は農地に対して33.7%に、1892年には40.1%に増加しました。
また、地租を5~10円納めていた人は1881年には93万人でしたが、1897年には68万人に減少しました。
このように困窮した農民は、1874年に起こった自由民権運動に合流し、政府への不満を募らせていきました。
一方では、このデフレ政策によって土地が売られることで地主に土地が集中し、寄生地主性が発達して資本が一極に蓄積されることになりました。
そして、その資産や官業の払い下げによって得た資金を使って、会社設立ブームが起こり、三井や三菱といった財閥が誕生し、政治に大きな発言力を持つようになっていきます。

まとめ

松方正義は西南戦争をきっかけに起きたインフレに対して、デフレ政策を断行して国家財政の再建を果たしました。
松方正義の財政再建の道のりは決して平坦とはいえず、度重なる政変や朝鮮事件(壬午事変)に見るような対外危機への対応など、多くの問題に対処しなければなりませんでした。
結果として、日本はインフレからの脱出と殖産興業に成功し、会社設立などによって経済の活性化が進み、現在の繁栄へとつながっていきます。
一方で、当時の松坂大蔵卿がおこなったデフレ政策は、農家を没落させて地主に資本を移す金持ち優遇政策であるといった意見も少なくありません。
ただ、歴史を見たとき、松方大蔵卿のおこなった財政政策は当時の日本の現状や世界情勢を踏まえたもので、その功績は称えられるべきものといえるでしょうね。

スポンサーリンク

こちらもおすすめ!

1

ニュースや新聞で世界情勢の話題になったとき、「国際連合」というワードを聞いたことはありませんか?最近でいうと昨年、環境活動家のグレタ・トゥーンベリさんが各国首脳の前でスピーチして話題になりました。中学 ...

2

1914年から1918年にかけてヨーロッパでは第一次世界大戦が繰り広げられていました。 そしてこの戦争はヨーロッパの体制を根本から崩すこととなり、現在にもつながる影響も残すことになったのです。  今回 ...

3

世界の政治体制は、それぞれの国によって違っています。同じ民主主義国家でも、国によって大統領制をとっている国、議員内閣制の国と、政治体制の採用が違っているのです。 日本は、御存じの通り、議院内閣制を採用 ...

-豆知識
-, ,

© 2021 レキシデセカイ Powered by AFFINGER5