スポンサーリンク

政治用語

一党独裁ってどんな状態なの?一党独裁の歴史・体制についてわかりやすく解説!

日本の隣国である北朝鮮では、朝鮮労働党や朝鮮労働党の指導を認める政党しか存在が許されない一党独裁の国です。こうした国では体制に対する批判は許されません。過去の歴史を振り返ると、世界各地で一党独裁政権が成立したことがありました。今回は、一党独裁とは何か、過去に存在した一党独裁政党、一党独裁政党が現代社会にどのような影響を与えるかなどについてまとめます。

一党独裁とは

一党独裁とは、特定の政党が強い力を持ち政治権力を独占することです。一つの政党しか存在を許されない純粋な一党独裁のほかに、複数政党が存在していても、特定の政党に逆らうことができないヘゲモニー政党制も一党独裁に含めて考えます。一党独裁国家において、指導政党の批判は許されず、厳しく罰せられることがほとんどです。

過去に存在した一党独裁政党

20世紀前半、ヨーロッパを中心にいくつかの国では社会主義やファシズムを唱える政党が政権を握り、一党独裁政治を行いました。第二次世界大戦後は、発展途上国で「開発独裁」と呼ばれる独特な一党独裁が行われます。

ロシア革命後にできた社会主義政党

1917年、ロシアで革命が起きて300年以上続いたロマノフ王朝が滅びました。革命後、立憲民主党を中心とする勢力とレーニン率いるボリシェヴィキが政治の主導権をめぐって激しく対立します。1917年11月のロシア十月革命でボリシェヴィキの一党独裁が成立しました。政権を握ったボリシェヴィキはロシア共産党と名前をかえます。1922年にソヴィエト連邦ができると、ロシア共産党はソ連共産党となりました。レーニンはソ連共産党を絶対とし、共産党が国を指導するという形を作り上げます。そして、ソ連共産党以外の政党結成を禁止しました。党が国を指導するというしくみは、現存する中国共産党や朝鮮労働党にも受け継がれています。1918年、レーニンはコミンテルンを発足させ、ソ連共産党が世界各地の社会主義革命を指導するとします。各国の共産党はコミンテルンの支部とされ、ソ連共産党の指導の下、世界革命を目指しました。1921年にできたモンゴル人民革命党はコミンテルンの指導で共産主義・ソ連型社会主義を実践し、徹底的にソ連に従ったという点で代表的な一党独裁政党といえるでしょう。

第一次世界大戦後にできたファシズム政党

1937年のニュルンベルクでのナチ党党大会の様子

第一次世界大戦後、大戦で思ったほど利益を得ることができなかったイタリアではムッソリーニ率いるファシスト党が急成長します。1922年、南イタリアのナポリで開かれたファシスト党大会の終了後、4万人以上のファシストがローマに向けて更新する「ローマ進軍」を行い、ローマの中心部を占領しました。国王はムッソリーニを首相に任命します。1924年、ムッソリーニは独裁政治への移行を宣言し、ファシスト党以外の政党を解散させます。1929年、全議席を獲得したファシスト党は完全な一党独裁政党となりました。

また、敗戦による巨額の賠償金で苦しむドイツでは、ヒトラー率いる国家社会主義ドイツ労働者党(ナチ党)が勢力を拡大しました。1929年におきた世界恐慌はドイツに深刻なダメージを与えます。ドイツ国内は失業者であふれ、ドイツ国民はワイマール共和国の指導者たちに失望し、強力な指導者を待ち望みました。そこに現れたのがヒトラーとヒトラー率いるナチ党です。類まれな弁舌能力を持つヒトラーと、宣伝担当のゲッペルスによる効果的な選挙活動の結果、ナチ党は1932年の総選挙で第一党となり、ヒトラー内閣が成立します。1932年2月におきた国会議事堂放火事件を利用して、ドイツ共産党の政治活動を禁止するなど、着々と独裁への道を進みました。同年3月、議会で全権委任法が成立し、政府の決定が議会の議決と関係なく法律として成立するようになると議会は無力化してしまいました。最終的にヒトラーはナチ党以外のすべての政党を解散させ一党独裁を確立します。ヒンデンブルク大統領が死去すると、ヒトラーは首相と大統領を兼任し「総統(フューラー)」と称しました。

しかし、第二次世界大戦で敗北したイタリアのファシスト党とドイツのナチ党は、戦後に解体されます。

第二次世界大戦後も生き残ったファスズム政党がありました。スペインのファランヘ党です。1936年、スペインでは共和派や社会党、共産党が結成した人民戦線が選挙で勝利し政権を獲得します。これに反発したフランコ将軍がモロッコで反乱を起こし、スペイン内戦が始まりました。内戦中の1937年、フランコ将軍は統一ファランヘ党を結成し、唯一の公認政党とします。その後、フランコ将軍はドイツやイタリアの助けを得て内戦に勝利し、スペインで独裁体制を作り上げました。第二次世界大戦では中立の立場をとったため、大戦終了後もファランヘ党は生き延びます。フランコ将軍の死後、ファランヘ党は解散し、スペインは民主化しました。

第二次世界大戦後に、発展途上国でできた開発独裁

第二次世界大戦後、欧米諸国の植民地とされていたアジア・アフリカ地域が独立しました。しかし、これらの地域は経済的な力が弱かったため経済発展を最優先する独裁体制がつくられました。これを開発独裁といいます。中でも台湾を支配した中国国民党シンガポールの人民行動党などは一党独裁の代表とされます。1919年に孫文がつくった中国国民党は、孫文の死後、蒋介石に引き継がれます。第二次世界大戦後、中国国民党は中国共産党と中国の支配権巡り国共内戦を戦いました。

国共内戦は中国国民党の敗北に終わり、蒋介石は台湾へと逃げ延びます。アメリカの支援により台湾の支配権を握った蒋介石は戒厳令を敷いて国民党以外の政党を認めず一党独裁をおこないます。1987年、蒋介石の子の蒋経国は台湾で他の政党の結成が認め、一党独裁を終わらせました。シンガポールでは1954年に結成された人民行動党が独立を主導。1965年にシンガポールが独立を達成してから他の政党は人民行動党の優位を認め、人民行動党によるヘゲモニー独裁制を確立します。リー・クワンユー首相による指導の下、開発独裁をつづけたシンガポールは東南アジアでもとびぬけて発展しました。

こちらもCHECK

開発独裁って何のこと?メリットやデメリットなどわかりやすく解説!

皆さんは「開発独裁」という言葉を耳にした事はあるでしょうか?独裁と聞くと、どうしても悪いイメージが頭に浮かんできます。独裁政治・独裁国家など・・・。 ただ独裁政治や独裁国家にもいい面があるようです。そ ...

続きを見る

一党独裁のメリットとデメリット

2020年6月段階で残っている一党独裁、または、ヘゲモニー独裁制の代表はベトナム共産党や中国共産党、朝鮮労働党、キューバ共産党などです。いずれも社会主義の国です。独裁は強権的で基本的人権を抑圧するというデメリットがありながら、なぜ、今も存在しているのでしょうか。そこには、一党独裁ならではのメリットがあるからです。レーニンやヒトラー、ムッソリーニらが重視したのは決定をすぐに下すことでした。

民主主義の仕組みには、議会での審議を避けることができず、素早い決定がしにくいという弱点があります。独裁政治を行うことで、決定にかかる時間を劇的に短縮することができます。また、国民から見ても責任者が誰であるか明確にわかるというメリットがあります。しかし、大きなデメリットもあります。一党独裁を行う政党は、自分たちに反対する勢力の存在を許しません。政府や独裁者の決定に国民は従わなければなりません。その意味で、一党独裁は劇薬だということができるでしょう。

権力を集中させすぎないことも大事

かつて、古代に存在した共和政ローマでは、国がピンチの時にのみ任命される「独裁官」という官職がありました。その名の通り、一人で行動を決定することができるので素早い意思決定と実行が可能です。しかし、独裁官の任期はわずか半年。共和政ローマの人々は、独裁が長期化することを防ぐ仕組みもとっていたのです。強い力を長い間一つの政党に与えるのは、ファシズムや共産主義諸国の歴史を見ても非常に危険です。やはり、意思決定に時間がかかっても権力が集中しにくく、独裁制が生まれにくい大統領制や議会制民主主義の方が国民の権利を守ることができるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

こちらもおすすめ!

1

ニュースや新聞で世界情勢の話題になったとき、「国際連合」というワードを聞いたことはありませんか?最近でいうと昨年、環境活動家のグレタ・トゥーンベリさんが各国首脳の前でスピーチして話題になりました。中学 ...

2

1914年から1918年にかけてヨーロッパでは第一次世界大戦が繰り広げられていました。 そしてこの戦争はヨーロッパの体制を根本から崩すこととなり、現在にもつながる影響も残すことになったのです。  今回 ...

3

世界の政治体制は、それぞれの国によって違っています。同じ民主主義国家でも、国によって大統領制をとっている国、議員内閣制の国と、政治体制の採用が違っているのです。 日本は、御存じの通り、議院内閣制を採用 ...

-政治用語
-, , , , ,

© 2021 レキシデセカイ Powered by AFFINGER5