スポンサーリンク

ニュース

現代のシルクロード?中国の一帯一路構想について解説!

シルクロードを知っていますか?

歴史の教科書にも出てくる、中国とヨーロッパをつないでいた交易ルートのことですね。

2013年、中国の習近平国家主席は、現代にシルクロードを復活させるとして、“一帯一路”構想を打ち出しました。

今回は、その“一帯一路”構想がどういうものかについて解説していきます。

一帯一路構想とは何なのか?

ざっくりまとめると、これは、かつてのシルクロードのようにアジアとヨーロッパを陸路と海路でつなぎ、巨大な物流ルートを作ることで、貿易の活性化を図るというものです。

その一環として、中国は途上国の交通インフラに対して莫大な投資を行っています。鉄道を敷いたり、港を整備したりなどですね。

経済力のない国は自国ではインフラ整備が難しいので、多くの国が中国の投資をアテにするようになりました。

今ではこの構想に参加する国々のGDPの合計は全世界の約30%、総人口は約60%にもなっています。(まあ、中国で20%稼いでいるのはご愛嬌)

参加国は中国のお金で自国を豊かにでき、中国は交易ルートを作って製品をバンバン輸出できる、かなりWin-Winな関係に見えますが・・・

参加国がハマる落とし穴

しかしそう甘い話ではありません。結局のところ、参加国の多くは中国に借金をしているわけで、身の丈に合わない借金は身を滅ぼすことにもなります。

例えばスリランカでは、中国の融資で大きな港を作ったのですが、場所が悪かったのか、思うように利用が増えませんでした。

港の使用料で借金を返そうと考えていたその国は立ち行かなくなり、借金の代わりにその港の権益を中国に渡してしまいます。

「99年間、その港は中国の好きにしていいよ」と。(ちなみに、99年は中国のずっとと同じ発音。例として日本の大連やイギリスの香港が中国に対してやっていた)

このように参加国の中には、中国の融資で建設したものを、そのまま借金のカタとして中国に回収されてしまう国もあります。

これは見方によれば新しいかたちの植民地支配ともとれます。そういう観点から中国が批判されることもしばしば。

地理的に見た中国の狙い

“一帯一路”構想の参加国にお金を貸すことで、影響力を高めることも、目的の一つとしてあると思いますが、中国側のメリットはそれだけではありません。

資源の確保

参加国が増え、交通インフラが整うほどに、資源を輸入するための取引先や、輸送ルートも増えていきます。

どこか一国と関係が悪化し、取引ができなくなったり、輸送ルートを遮断されても、ほかの国やルートに乗り換えればほとんど問題ありません。

軍事的に優位に立てる

先ほど述べたように、中国はいくつかの国から借金のカタとして、建設した港の利用権を得ているのですが、こうして利用権を得た港には軍艦を寄港させています。軍事的な拠点となり、他国に圧力をかける効果もあるのです。

とくにインド洋では、中国が利用権を得た港がインドを囲むように点在しており、インドはこれに反発し、中国と対立しています。

米軍基地が近くにあるところもあるので、アメリカもかなり警戒しているでしょう。

一帯一路の今後 日本と関係はある?

一帯一路構想により、交易ルートを広げ、国際関係、軍事なナワバリや経済圏を広げていくことで、中国の影響力は確実に高まっているといえます。

それに伴い、アメリカとの対立も激しくなりつつあります。

日本は直接これに関係しているわけではありませんが、アメリカとの関係を考えれば、これからの中国の動向を見逃すわけにはいきません。

これからの動向に注目!

昨今のコロナウイルスの影響で参加国の中にも、融資を断るなどの、中国との関係を見直す動きが出ています。

しかしどうなるにせよ、この一帯一路構想の行く先がこれからの世界に大きくかかわっているのは間違いないでしょう。

スポンサーリンク

こちらもおすすめ!

1

ニュースや新聞で世界情勢の話題になったとき、「国際連合」というワードを聞いたことはありませんか?最近でいうと昨年、環境活動家のグレタ・トゥーンベリさんが各国首脳の前でスピーチして話題になりました。中学 ...

2

1914年から1918年にかけてヨーロッパでは第一次世界大戦が繰り広げられていました。 そしてこの戦争はヨーロッパの体制を根本から崩すこととなり、現在にもつながる影響も残すことになったのです。  今回 ...

3

世界の政治体制は、それぞれの国によって違っています。同じ民主主義国家でも、国によって大統領制をとっている国、議員内閣制の国と、政治体制の採用が違っているのです。 日本は、御存じの通り、議院内閣制を採用 ...

-ニュース
-, ,

© 2021 レキシデセカイ Powered by AFFINGER5