スポンサーリンク

世界史 日本史

義和団事件とはどんな事件?時代背景や北清事変をわかりやすく解説!

今でこそ巨大国家となっている中国。しかし、清末期には中国は分割されており、ほとんど植民地状態でありました。

清朝末期の1900年に起こった争乱ですが、その後の清朝の行く末だけでなく、国際社会にも大きな影響を与えました。

事件の詳細や当時の時代背景、事件が世界に及ぼした影響など、義和団事件について様々な角度から掘り下げていくことにします。

義和団事件とは

義和団事件は1900年、清朝末期の中国で起こりました。

義和団事件は「義和団の乱」「北清事変」などとも呼ばれ、清朝末期の中国で秘密結社義和団により起こった争乱を発端としています。この集団は教会の襲撃や宣教師・外国人の迫害を行っていました。

これに対し当時諸外国から圧力を受けていた清朝が支持し、さらに欧米諸国や日本に対して宣戦布告をすることで、国家間の争いにまで発展しました。

事件当時の時代背景

中国地域を支配していた清朝は、19世紀に入ると大規模な社会動乱や経済停滞・人口の爆発的増加などの問題が山積していたため、徐々に国力が衰えていました。そこに加えて、ヤクブ・ベクの乱に対するロシアの介入、イギリスとのアヘン戦争、日清戦争など各国との戦乱を通じて国はどんどん疲弊していきました。

中でも第2次アヘン戦争ともいわれるアロー号事件の後締結された天津条約により、それまで条約港でしか認められていなかったキリスト教の布教が、内陸部でも許されるようになりました。宣教師たちは各地で布教活動を行うようになりますが、戦勝国の人間として傲慢な態度もとっていたため、次第に地域の官僚と衝突するようになりました。またクリスチャンと一般民衆の衝突も勃発するようになりました。

そんな中、山東地域の武術組織が宗教的性格を有するようになり、クリスチャンと一般民衆の土地争いに介入するだけでなく、教会の襲撃や神父の殺害など曹州教案といわれる事件を起こすに至ります。さらに他の反キリスト教運動の勢力とも合流しながら力を増していき、やがて義和団と呼ばれるようになったのです。

義和団事件一連の流れ

連合軍の兵士。左から、イギリス、アメリカ、ロシア、イギリス領インド、ドイツ、フランス、オーストリア=ハンガリー、イタリア、日本。

1899年に山東省で起こった反キリスト教の暴動がきっかけで、「義和団」とよばれる反帝国運動の秘密結社ができました。彼らは白蓮教の一派といわれる宗教色をもった秘密結社で、その当時の社会矛盾やキリスト教の布教などに反抗して、「扶清滅洋」をスローガンに武力的排外運動を行っていました。義和団は農民も仲間に加え、勢力を増大していきました。

当時山東の巡撫だった袁世凱によって山東省での運動はいったん排除されましたが、その後彼らは北へ進み、1900年6月には北京及び天津に到達するとともに、運動は華北地域一帯に波及しました。その勢いで北京の大公使館区域まで包囲したのですが、外国の中国進出に頭を痛めていた清朝は、義和団の運動を支持するとともに、6月21日欧米の諸外国に対して宣戦布告をしたのです。

これに対して、イギリス・アメリカ・ドイツ・フランス・ロシア・オーストリア=ハンガリーに日本を加えた8カ国が北京にいる自国の公使を守るため、また外国人排斥運動をおさえるために連合軍を出兵させました。連合軍の最終的な戦力が7万人だったのに対し清国は20万人以上の兵力を有していましたが、連合軍と比べると装備が劣っていたため、軍事力の差は歴然でした。

そのため8月には連合軍が北京を制圧し、戦闘はわずか2ヶ月で鎮圧されました。

北京議定書の締結

北京議定書

清は連合軍に降伏したのち連合国とに間に北京議定書を締結することになります。

内容は

ポイント

・清国は連合国に4億5000万両を銀で列国に支払う。(利息も含めて39年分割払い)

・各国公使館所在の区域を各国の警察権下に属し、清国人の居住を認めず軍隊を置くことを認める。

・海岸から北京までの自由交通の妨げとなる砲台をすべて撤去。

・清国が自由交通を阻害しないために列国が同間の各地点を占領する権利を認める。

となっており、清に対してかなり厳しい内容となっていました。

とくに賠償金の額によるダメージは相当なもので、この当時の清の歳入が8800万両あまり。しかし、賠償金の総額4が億5000万両に利息を含めて9億8000万両にも上り、余計に民衆の生活は厳しくなっていくようになりました。そのため清朝を敵視する「掃清滅洋」というスローガンが広がっていくようになりまた。

その後の歴史に与えた影響

義和団事件の後清国は、国内における外国軍の駐留が認められるようになり、そのため清国内は半植民地化がさらに進んでいったのです。

具体的にどのような影響が及んだのか、清国と日本というふたつの側面から探っていきたいと思います。

清国に与えた影響はどんなものがあったか

義和団事件で、清国は巨額の賠償金をはじめ非常に大きなダメージを受けることになりました。北京議定書では北京や天津に外国軍の駐留が認められるとともに、海関税や常関税・塩税が差し押さえられてしまいました。そのため清朝は、もはや独立国としての体裁をなさなくなってしまいました。

また西太后がこれまでの排外姿勢を改め、西洋文化を取り入れる方向に方針を転換します。これを「光緒新政(こうしょしんせい)」といい、立憲君主制への移行や軍の近代化・経済振興などを目標とした政策が展開されていきます。

さらに列強諸国は、それまで清朝の外交を担ってきた総理部門の立場が低かったことからこれを廃止し、外交力を強化させるため外務部の創設を求めました。

義和団事件は、袁世凱の台頭を許すことにもつながりました。彼が率いる軍隊は義和団事件の戦いには参加しなかったため、被害がありませんでした。そのため相対的に、清国内で強大な軍事力を有することになりました。同時にライバル的立場にあった実力者が次々と亡くなったこともあり、袁世凱の政治的影響力は増していきます。その後袁世凱は直隷総督となり、さらに清朝を滅亡させた辛亥革命の後には中華民国の大総統に、最終的には中華帝国の皇帝につくことになります。

清朝は義和団を支持し列強諸国に宣戦布告をしたにもかかわらず、事件後は義和団を切り捨てました。加えて賠償金を支払うため、国民は重い税負担を強いられるようになりました。

これらの影響から、国民の清朝に対する不信感はますます増大しました。清朝は満州族が支配していた王朝ですが、被支配層の大半は漢民族でした。清朝の隆盛期には漢民族の不満はおさえられていましたが、義和団事件をきっかけに表面化し、清朝滅亡につながる辛亥革命の伏線になっていくのです。

義和団事件は日本にどんな影響を与えたのか

では、義和団事件が日本に与えた影響としてはどのようなものがあったのでしょうか。

事件当時は日清戦争の勝利により、朝鮮半島に対する影響力を強めていた日本ですが、義和団鎮圧のため各国が出兵した際、ロシアは満州を占領しました。このため日本とロシアの対立がより鮮明になり、1904の日露戦争開戦につながっていきます。

義和団事件は、日本とイギリスとの関係にも影響を与えました。イギリスは、アヘン戦争などにより獲得していた清国における自国の権益を何としても守りたいと考えていました。

そんな中義和団事件において、日本がとっていた秩序ある行動を評価したイギリスは、清国に対する影響力が増していた日本と手を組むことを考えたのです。そしてそれまでの「光栄ある孤立」という外交方針を転換し、1902年に日英同盟を締結するのです。

事件前に起こった日清戦争での勝利や義和団事件で日本が果たした役割などが高く評価され、これまでの列強諸国にも引けを取らない大国の仲間入りを果たすのです。

まとめ

義和団事件は20世紀初頭の極東情勢に大きな影響を与えました。清国の半植民地化がさらに進むとともに、自らの滅亡にも拍車がかかりました。

また義和団事件に日本も深く関わったことで、幕末の開国以来欧米諸国と締結されていた不平等条約の改正に結びつきました。日本の国力も欧米と肩を並べるほどになり、日韓併合や大陸進出の足がかりとなったのです。

スポンサーリンク

こちらもおすすめ!

1

ニュースや新聞で世界情勢の話題になったとき、「国際連合」というワードを聞いたことはありませんか?最近でいうと昨年、環境活動家のグレタ・トゥーンベリさんが各国首脳の前でスピーチして話題になりました。中学 ...

2

1914年から1918年にかけてヨーロッパでは第一次世界大戦が繰り広げられていました。 そしてこの戦争はヨーロッパの体制を根本から崩すこととなり、現在にもつながる影響も残すことになったのです。  今回 ...

3

世界の政治体制は、それぞれの国によって違っています。同じ民主主義国家でも、国によって大統領制をとっている国、議員内閣制の国と、政治体制の採用が違っているのです。 日本は、御存じの通り、議院内閣制を採用 ...

-世界史, 日本史

© 2021 レキシデセカイ Powered by AFFINGER5